データヘルス計画とは

平成25年6月14日、「日本再興戦略」が閣議決定されました。この中で、医療保険者は、レセプト等のデータの分析や分析結果に基づき、加入者の健康保持増進のための事業計画として「データヘルス計画」を作成・公表、事業実施、評価等をする必要があるとの方針が示されました。

三重県市町村職員共済組合(以下「当組合」という。)は、上記「データヘルス計画」に資する取り組みとして、平成26年度に特定健診及びレセプトのデータ分析を行い、「短期給付財政安定化計画【第1期データヘルス計画】(平成27年度から平成29年度)」を取りまとめ、計画に基づく保健事業を実施しています。

データヘルス計画は、「データを活用した保健事業の実施計画」を立案し、「PDCAサイクル」により保健事業を改善していくこととされています。平成30年度から始まる「第2期データヘルス計画」においても同様であり、保健事業の改善を積み重ねて定着化させていくことが重要です。


図 1-1 データヘルス計画とは(厚生労働省作成資料をもとに作成)

三重県市町村職員共済組合短期給付財政安定化計画[第2期データヘルス計画](以下「データヘルス計画」という。)は、当組合の組合員及び被扶養者の健康保持増進及び医療費の適正化を図るため、特定健康診査(以下「特定健診」という。)の結果やレセプトデータ等の健康・医療情報を活用して組合員及び被扶養者の健康状態や疾患構成、医療費の現状を把握し、課題を明確にするとともに、その課題に対して、PDCAサイクルに沿った効果的かつ効率的な保健事業を実施するための計画です。

第2期データヘルス計画


データヘルス計画の実施における個人情報の利用

個人情報の保護に関する法律(平成15年法律第57号)では、個人情報を目的外に利用する場合や第三者に提供する場合は、本人の同意を得ることとされています。

「データヘルス計画」では、特定健康診査の結果にレセプト情報を加えて総合的な分析を行い、所属所と連携して上記のような保健事業を実施することになりますが、このような目的で個人情報を利用することについて、ご本人から特段のお申し出がない場合は「同意(黙示)」をいただいたものとしますので、ご了承いただきますようお願いします。

同意されない方は異議を申し立てることができますので、組合員証記号・番号、氏名、同意できない項目及びその理由を記載した文書を、当組合に提出してください。


(問い合せ先)
三重県市町村職員共済組合 保険課健康係
電話番号 059-253-2704

閉じる